【2019年最新】人気マッチングアプリおすすめ比較ランキング14選!

マッチングアプリは複数利用がおすすめ!女性は完全無料なので併用しよう!

マッチングアプリには、さまざまな種類が存在します。

20代前半の男女が多い恋活アプリのwith(ウィズ)、20代から30代までの婚活アプリのOmiaiなど、2019年様々なアプリが存在します。

みなさんはこれらのアプリのどれを利用されていますか?

もし、これらの中で1つだけのアプリを利用されているという方には、マッチングアプリの複数利用をおすすめします。

特に女性のあなた!もし、複数のマッチングアプリを利用していないことによって、本来あったはずの出会いが失われているかもしれません…。

この記事では、マッチングアプリを併用、複数登録するメリットとデメリット、注意点についてまとめました。

おすすめのマッチングアプリについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事 > 恋活?それとも婚活?目的別マッチングアプリおすすめランキング5選!

マッチングアプリを複数登録(併用)するメリット

マッチングアプリを複数利用するメリットとは何でしょうか。

ここでは、具体的にマッチングアプリを併用するメリットについて解説しています。

複数登録するメリット①:出会いの数が2倍、3倍になる

マッチングアプリを複数利用すると、出会いの数は多くなります。

なぜなら、with(ウィズ)ならwith、Pairs(ペアーズ)ならPairsだけに登録している人が数多くいるからです。

特に男性の場合は、有料会員となるための毎月の利用料金がかかっています。マッチングアプリにもよりますが、1ヶ月あたり2000円~4000円の料金がかかっています。

そのため、男性によっては2つ、3つのアプリを利用することが金銭的に厳しいということは当然あります。

つまり、アプリを複数利用することで出会いを2倍、3倍にすることが可能になります。

女性は料金が完全無料のマッチングアプリがほとんどなので、忘れずに複数登録しておきましょう。

20代から30代の男女であれば、おすすめはwith(ウィズ)とPairs(ペアーズ)とOmiai(おみあい)です。

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.無料posted withアプリーチ

複数登録するメリット②:タイプの異なる恋愛をすることができる

マッチングアプリに複数登録するメリットの2番目は、タイプの異なる恋愛をすることができることです。

例えば、マッチングアプリで現在1番人気であるPairs(ペアーズ)のメイン層は、20代から30代の真剣に恋愛をしたい「恋活」男女になっています。

一方で、これまた人気を伸ばしているマッチングアプリのOmiai(おみあい)のメイン層は、20代から30代の結婚を前提にした恋愛を求める「婚活」男女が多くいます。

これらのアプリに複数登録することで、結婚前提の真剣な男性に出会ったり、まずは恋愛から始めたいような男性と同時期に出会うことができるようになります。

そのような出会いの中で、自分自身の価値観(結婚をどれくらい真剣に考えるか、恋愛期間はどれくらい必要か)などをはっきりと認識できるようになります。

人は鏡とはよく言いますが、相手のタイプによって自分の深層心理をはっきりさせるのも、恋活、婚活には大切ですね!

複数登録するメリット③:複数アプリをうまく切り替えられる

マッチングアプリに複数登録、利用するメリットの3つめは、複数のアプリをうまく切り替えられることです。

マッチングアプリを利用していると、どうしてもメッセージや実際にデートをして、「相手から嫌がらせをされた」「スルーしたら悪口を言われた」などの経験をする場合があります。

もちろんそのようなことばかりではありませんし、運営に言えばサクラや業者と同じように運営が対応をしてくれます。

とはいえ、どうしても同じマッチングアプリを使いたくないと思ってしまうのが人間の心理です。

そのような場合に、複数利用しているとスムーズに他のマッチングアプリに移行することができます。メッセージをすでにしている人がいたら励ましてもらいましょう。

人間落ち込んでいるときに、新しいマッチングアプリをインストールしてプロフィールを書いて・・・というのは難しいです。そうなる前に、少なくとも1つは登録しておきましょう。

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.無料posted withアプリーチ

マッチングアプリを複数登録(併用)するデメリット

それでは逆に、マッチングアプリを複数登録、利用するデメリットとはなんでしょうか。

複数登録するデメリット①:男性は月額料金がかかる

マッチングアプリを利用する男性の場合、複数登録する一番のデメリットはお金がかかってしまうことです。

逆に言えば、完全無料のマッチングアプリであれば女性は何個登録しようが、一向に値段は変わらず0円で利用することができるので、複数登録しない理由はありません。

最も月額料金の安いマッチングアプリでも、月額2000円弱はかかってしまうため、2つ登録すると4000円、3つ登録すると毎月6000円の料金を課金する必要があります。

これを安いとみるか、高いとみるかは人によりますが、一般的な感覚では決して安いとは言えないでしょう。

とはいえ、複数登録をすることで単純に出会いを2倍、3倍とすることができるのも事実なので、短期間になるべく多くの人に出会いたいという人は利用を検討してみるのもおすすめです。

複数登録するデメリット②:同時進行になりおざなりになる可能性

マッチングアプリを複数利用するときのデメリットの2つめとして、同時進行になってしまい、メッセージのやりとりがおざなりになってしまうことです。

マッチングアプリが複数あると、アプリをつけたり消したりすることが面倒になり、いい感じで続いていたメッセージを返すのが面倒くさくなってしまうなどの現象が起こってしまう可能性があります。

同時進行になってしまうのが面倒くさくて、結局1つのアプリにしてしまった…という場合でもそれはそれで大丈夫です。

複数登録したおかげで、自分に一番合ったマッチングアプリを見つけられたということになるためです。

マッチングアプリで複数登録するならおすすめはwith&Pairs

マッチングアプリで複数登録をするなら、おすすめはwith(ウィズ)とPairs(ペアーズ)です。

Pairsは累計会員数が1000万人を超えるなど、日本で一番人気のマッチングアプリです。

また、with(ウィズ)は累計会員数こそ300万人と少ないものの、20代前半の男女が多いことで現在急激に登録者数を増やしているアプリです。

これらのアプリは女性が完全無料なのは言うまでもなく、男性の利用料金もプランによっては月額2000円を切るなど、コストパフォーマンスも良い若者向きのマッチングアプリとなっています。

この2つのアプリに登録しておけば、マッチングアプリをやっている大体の女性には出会えるのではないかというくらい充実したアプリなので、ぜひどちらも登録しましょう。

編集部おすすめのマッチングアプリ5選

順位 アプリ 特徴
1位
Omiai
・会員数2位の400万人以上
可愛い彼女が欲しい人におすすめ
・恋活から婚活まで利用可能
2位 Dine
Dine
普段出会えない可愛い子と出会える
・始めてすぐにデートできる
3位
クロスミー
・すれ違いから出会える新感覚アプリ
気軽に飲みに行くことができる
4位
ウィズ
性格重視の出会いができる
・共通の趣味から異性を探せる
5位
ペアーズ
・会員数が1位の1000万人以上
・恋活から婚活まで利用可能

dailymatch編集部が厳選した無料で登録できるマッチングアプリを一覧にしました。

マッチングアプリは複数使うことで最適のアプリを見つけることが出来ます。イケメンや美人が多いマッチングアプリや、男性でも1日あたり約50円で利用できるアプリもあります。

おすすめのマッチングアプリの比較をまとめたのでチェックしておきましょう。

【2019年最新】人気マッチングアプリおすすめ比較ランキング14選! 今日中にすぐ会えるデートアプリのおすすめランキング3選!ヤリモク男に騙されないコツ